今年の目標

今年ももう半分近く過ぎてしまいましたが、今ごろになってようやく今年の目標が決まりました。
それは「備える」こと。
備えあれば憂いなし。
備えがあれば心に余裕ができる。
今の私は備えがないため心に余裕がない。
私はもっと品のある人になりたい。
より上を目指せるようがんばります!

(さらに…)

ゆく年くる年

1年中更新しませんでした…ごめんなさい。
今年も多くの人にお世話になりました。
たくさん迷惑をかけ、たくさん素敵な思いをさせていただきました。
ありがとうございました!
そして来年もよろしくお願いします。
続きは今年あったことで記憶に残っていることをいくつか。

(さらに…)

新年

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。
更新停滞中で申し訳ないです。

スティーブ・ジョブズ氏

スティーブ・ジョブズ氏が亡くなられたそうで…
私が知ったのは今朝、シゴトから帰りジョブズ氏が世に出した iPad で Twitter を覗いていた時。
多くの人の tweet やニュースを見てもなかなか信じられず、今でも半信半疑の部分があります。
これ以上ジョブズ氏の描く心躍る未来に触れることができないことは非常に残念です。
故人のご冥福をお祈り申し上げます。
そして今までたくさんの感動体験をありがとうございました。
…早すぎるよ… (´Д⊂

UEFI Ubuntu

efi boot menu image
Ubuntu 11.04 を UEFI BIOS のブートメニューに登録して起動することに成功したので方法を書いておきます。
*あくまで私の場合の方法であり、不具合の出る可能性もありますので各自の責任で行ってください。
参考にさせてもらったサイト:

貴重な情報提供者に感謝!
私の環境

  • MB : ASUS F1A75-V PRO
  • CPU : AMD A8-3850
  • HDD : 1 台 , GPT , Windows7x64 インストール済み , 未割り当て領域あり

準備

Ubuntu 日本語 Remix イメージではなく本家 Ubuntu の AMD64 版 Ubuntu 11.04 Desktop CD Image をダウンロードし、USB メモリにスタートアップディスクを作成しておく。

未検証だけどスマートな方法。
私は模索しながら後述のより手間のかかる方法でやりました。

  1. EFI BIOS セットアップの USB 設定で USB メモリのタイプを Auto から CD-ROM に変更しておく。
  2. EFI BIOS のブートメニューから UEFI とついた方の USB メモリでブートし Ubuntu のインストールを開始。
  3. HDD の未割り当て領域にパーティションを 3 つ作り ( / , EFI 用 , swap ) Ubuntu をインストール。
    grub は / にインストール。
  4. 再起動時にまた UEFI USB メモリでブートし Ubuntu をインストールするかどうかのメニューを出し、F6 → Esc の順に押し
    boot=casper

    root=/dev/sda○ ( ここでの○は / )
    に書き換えて HDD の Ubuntu を起動。
  5. ディスクユーティリティで EFI 用パーティションのタイプを EFI システムに変更
  6. 端末で
    sudo mkfs.vfat -v -c -F 32 /dev/sda○
    ( ここでの○は EFI 用 )
    でフォーマット
    sudo mkdir /boot/efi
    とし、
    sudo mount /dev/sda○ /boot/efi
    ( ここでの○は EFI 用 )
    sudo apt-get update
    sudo apt-get install grub-efi-amd64

    を実行
  7. 再起動し、BIOS のブートメニューに ubuntu が追加されていたら成功!

grub の設定が読めずエラーが出るようですが起動はできるのでそこは後日対応予定。
続きは私の行った方法

(さらに…)